21世紀世界の先端建築を渉猟する
Ranging Over the 21st Century World Architecture

淵上正幸(建築ジャーナリスト)
Masayuki Fuchigami(Architectural Journalist)

2018.12.10

The Palestinian Museum (Birzeid, Palestina)
パレスチナ美術館(パレスチナ,ビルゼッド)

東側上空から建物を俯瞰する。日本では考えられないような荒地の丘のうえにある。アルファベットの「W」のような屋根の形がユニークだ。

ウエスト・バンクの丘に座した超幾何学的美術館

エルサレムの北25kmにあるウエスト・バンクの都市ビルゼッド。ヘネガン&パァンの設計による「パレスチナ美術館」は、2017年9月に当地に開館した。建物はパレスチナの歴史、文化、社会における画期的な出来事を反映したデザイン。敷地は丘の上にあり、ライムストーンをまとった建物は、敷地のランドスケープから生み出されたかのように長く伸びて、かつては荒れていたがランドスケープ・デザインをほどこされた近隣環境の中にスマートな姿態を現している。

「パレスチナ美術館」へのアプローチは、段状のランドスケープの歴史に頼っている。つまり建物を敷地にそのまま埋め込み、その敷地から多様に満ちた文化的ストーリーを大量に発散している。敷地は野石の壁面でできた一連の段状のテラス群で形成されている。それはかつてこの地にあった段状の農耕地の名残でもある。

美術館を上空から俯瞰すると、パレスチナ特有の荒涼とした丘の上にあるのがわかる。しかし建物周辺はランドスケープ・デザインが施され、緑が多数植え込まれている。それ以外の斜面は全くの荒地だ。この地に文化的な美術館を建設することは理解しがたいが、おそらく深い戦略的な意図があると思われる。

建物は西側に向けてアルファベットの「W」を平たく書いたような形態。南北に平たい「V」字形をふたつ連続させ(南棟と北棟)、それぞれの屋根が中折れになっている複雑なルーフスケープだ。ヘネガン・パァン・アーキテクツは平面的にも立面的にも非常にシャープでジオメトリックな形態を生み出したが、これは一体何から発想したものか。

俯瞰写真を再度見ると、野石を積んでできたかつての農耕地の段差ラインが、美術館の輪郭や屋根ラインにそっくりなのがわかる。ヘネガン・パァン・アーキテクツは現地の丘に展開されたランドスケープ・デザインと軌を一にし、段差ラインが折れ曲がる角度やその長さにインスパイアーされた。

建物自身はランドスケープから出現し、強烈な幾何学的プロフィールを丘の上に見せている。ランドスケープにインテグレートしつつも、独特なアイデンティティをもつ主体的なフォルムを創造している。ほとんどは1階建てだが、建物は丘の頂上に沿って南側から北側へと、西側ガーデンを見晴らすように伸びている。

1階にはエントランス・レセプション、美術館管理室、ギャラリー群、映写室があり、カフェは北棟にあり、広い西側ガーデンに向けて開放されている。他方南棟からは、下階レベルにある石積みのアンフィシアターを見下ろすことができる。

南棟下階には、ワークショップ、教室、オフィス・スペースをもつ公共の教育&研究センターがある。センターは西側のアンフィシアターに開放されている。下階には教育&研究センターに加えて、アート・コレクション・スペース、写真アーカイブ、美術品取扱い室があるが、一般には開放されていない。これらの空間は南棟の東側にある配達ヤードに面している。

「パレスチナ美術館」は、パレスチナにおいて、初めてグローバルなサステイナブル・デザイン評価制度であるLEEDの認証を受けたメルクマール的建築である。

北西側から俯瞰した全景。屋根形も立面形も鋭角3角形のパターンが用いられているシャープな印象だ。手前の斜面はランドスケープ・デザインが施されている。
アプローチ歩道越しに見た西側ファサード。手前左が西側ガーデン。正面奥にある段状の庭はアンフィシアター(円形劇場)。
俯瞰した建物のクローズアップ。屋根形や建物の輪郭が、右手に見える傾斜面に作られた段差ラインにそっくりだ。
ランドスケープ・デザインによってできた段差のあるジグザグ状アプローチ歩道。
北棟前の広い西側ガーデン。奥の方にカフェのテーブルや椅子が出ているのが見える
南棟の西側のアンフィシアター。南棟は2層で下階レベルがアンフィシアターに開放されている。
西側アンフィシアターを見下ろす1階通路。
北棟1階のエントランス・レセプション。
空撮した丘の斜面。美術館周囲はランドスケープ・デザインされてきれいだが、大部分の斜面は緑が全くない荒地となっている。
配置図
1階平面図
下階平面図
南北断面図
東西断面図

Roisin Heneghan
Shih-Fu Peng
Portrait by Joanne Murphy

http://www.hparc.com/

Photos by Iwan Baan/ Courtesy of heneghan peng architects

Design: heneghan peng architects
設計:ヘネガン・パァン・アーキテクツ

この記事をシェアする

同じカテゴリの記事を読む