21世紀世界の先端建築を渉猟する
Ranging Over the 21st Century World Architecture

淵上正幸(建築ジャーナリスト)
Masayuki Fuchigami(Architectural Journalist)

2020.02.06

Copenhill (Copenhagen, Denmark) コペンヒル
(デンマーク、コペンハーゲン)

1.「コペンヒル」のある港湾エリアを俯瞰する。運河が無数入り組み、右手に集合住宅やヨット・ハーバーが、左手には工場エリアとなっている。

快楽的サステイナビリティをもつゴミ焼却場

建物名の「コペンヒル」とは、コペンハーゲンの丘(ヒル)という意味である。ビヤルケ・インゲルスがデザインした「コペンヒル」は、要するにゴミ焼却場だが、機能的には単にそれだけではない。ゴミをエネルギーに変換するこの廃棄物エネルギー・プラントには、まずスキー場があり、ハイキング・コース、クライミング・ウォール(ボルダリング)などが併設されている。

これはインゲルスが“快楽的サステイナビリティ”と呼んでいる施設だが、2025年までに世界初のカーボン・ニュートラル市になるというコペンハーゲンが掲げたゴールに同調したデザインだ。延床面積41,000m²の「コペンヒル」はアーバン・レクリエーション・センターや環境教育ハブをもち、社会的インフラストラクチャーを建築的ランドマークに変換しているのは素晴らしい。

「コペンヒル」は当初から意図された社会的副作用をもつパブリック・インフラストラクチャーと考えられていた。「コペンヒル」は隣接する50年前の古い廃棄物エネルギー・プラントを建て替えたもので、ゴミ処理やエネルギー生産に関する最新テクノロジーを導入している。工業的ウォーターフロントというロケーションにあるため、近隣にはウエイクボーディング、ゴーカート・レーシングの施設があり、新しいパワー・プラントはさらにスキー、ハイキング、ロック・クライミングのスリルを付加している。

パワー・プラント内部のヴォリュームは、設置する機械類の高さ考慮して配列し、その結果9,000m²に及ぶルーフトップ・スキー・スロープを生み出した。スキーのエキスパートたちはオリンピックのハーフパイプと同じ長さの人工スロープをすべり、またフリースタイル・スキーをしたり、時限スラローム・コースを滑ったりする。他方初心者や子供は低いほうのスロープを滑る。スキーヤーは滑走式リフト、カーペット・リフト、もしくはガラス張りエレベータで内部の焼却炉を見ながら頂上へと戻る。

ビジターは「コペンヒル」の頂上に来ると、山のない国で山というものの新奇さを感じる。スキーヤーでない人はルーフ・バー、クロスフィット・エリア、クライミング・ウォール、およびコペンハーゲンで一番高い展望台を楽しめる。その後は長さ490mの木々や藪の中のハイキング・コースやジョギング・コースを下ることになる。

「コペンヒル」の連続的なファサードは、高さ1.2m、幅3.3mのアルミニウム・レンガを積み上げて構成されている。それらの間にガラス窓があり、自然光を内部へと導入している。他方南西側ファサードには大きな開口部があり、管理部門のワークステーションを明るくしている。高さのある外壁には、人工のクライミング・ウォールでは世界最高の85mのそれがある。今や「コペンヒル」は、コペンハーゲンでは見逃すことのできないビジターズ・ポイントとなった。

2.建物を俯瞰する。緑のスキー・スロープが最上部から下り、カーブを描いて最下部へと至る。スロープ脇にはハイキング・コースが見える。
3.運河対岸にある満開の桜並木上部越しに見た「コペンヒル」。
4.最上部から下ってきた人工スキー・スロープがカーブする地点を見る。まだハイキング・コースができていない工事中の写真。
5.建物の外壁は高さ1.2m、幅3.3mのアルミニウム・レンガを積み上げて構成されている。
6.アルミニウム・レンガ間にある大きな開口部から自然光が内部に導入される。
7.ハイキング・コースの藪越しにスキー・スロープを見る。
8.木立や藪が茂るハイキング・コースを登っていく。
9.スキー・スロープを下りきったところにある公園から見た「コペンヒル」夕景の偉容。
ダイアグラム1(左)ダイアグラム2(右)
ダイアグラム3(左)ダイアグラム4(右)
ダイアグラム5(左)ダイアグラム6(右)
ダイアグラム7(左)ダイアグラム8(右)
ダイアグラム9

Bjarke Ingels (BIG)
Portrait by Jonas Bie

https://big.dk/#projects

Photos: 1, 8, 9, by Laurian Ghinitoiu/ 2 by Dragoer Luftfoto/ 3 by Aldo Amoretti/ 4, 5 by Rasmus-Hjortshoj/ 6 by Soren Aagaard/ 7 by SLA.
Diagram by BIG

Design: Bjarke Ingels (BIG)
設 計: ビヤルケ・インゲルス(BIG)

この記事をシェアする

同じカテゴリの記事を読む