カネカのお家の心地よさ 6つのポイント

確かな技術に支えられたカネカのお家。
6つのポイントからわかりやすくご紹介します。

01

夏、寝ぐるしいのは、
エアコンでしか解決できないと思ってないですか?

エアコンをつけっぱなしで寝るのは体が心配。でもつけずには寝つけない。タイマーが切れると目が覚めてしまう。真夏のお悩みあるあるですね。

詳しく見る

02

真冬に廊下に出るときの寒い思いは
誰だってしたくないものです。

戸建ての家は寒い。とくに廊下。だから、別の部屋に移動するのがおっくう。そんな経験ありませんか?

カネカのお家は、家全体が断熱材で包み込まれています。リビングはもちろん、寝室やキッチン、さらには暖房機能がない浴室、廊下まで、家中どこを移動しても極端な温度差が生じにくくなります。これが住みごこちの良さを謳う、理由のひとつです。

詳しく見る

03

家そのものがまるで空気清浄機みたい・・・
そんな、新発想の住まいです。

ホコリ、ダニの糞や死骸、外から入ってくる花粉。これらは「アレルゲン」または「ハウスダスト」と呼ばれています。小さな子どもがいるとやっぱり気になる・・・ でもがんばって掃除するのは限界があります。

カネカのお家の換気は、外の空気を高性能フィルター*で花粉やホコリを少なくしてから室内に取り入れ、空気を追い出したいところから排出します。まるで家そのものが空気清浄機のような機能*をもつのです。家の中で、大きく深呼吸〜。

* オプションです

詳しく見る

04

あきらめていた冬の結露。
設計次第で、サラリとした家になるんです。

結露がつくのは仕方ないものだと思っていませんか? 結露を防ぐには設計のときから、結露リスクを小さくできる構造に考えておかないとダメなんです。結露しにくい家はカビの心配も少なくなるんです。

詳しく見る

05

“エネルギーのやりくり上手”
これからの暮らしには欠かせません。

家の中を快適にしようとするとたくさんエネルギーを使う、だから、「省エネ」って我慢することだと思っていた。そんな話をよく聞きます。実は、その暮らし方は、ひと昔前の話なんです。

これから先ずっと暮らすあたらしい家だからこそ、住まいも賢くエコ。時代を先取りした住まいづくりって、とても大切なことではないでしょうか。

詳しく見る

06

かっこいいデザインと住みごこち。
両方揃えるわがままな要望、叶えます。

自然光がたくさん入る吹き抜けのリビングに、子どもの声が聞こえてくるキッチン……。一生に一度のマイホームだから、夢が広がります。

かっこいいデザインの家は、設計にお金がかかるし、多少の使いづらさは我慢しなければ実現できない、そう思うひとは多いのではないでしょうか。

カネカのお家は、性能だけでなく、お洒落なデザインを考えます。

詳しく見る