02真冬に廊下に出るときの寒い思いは
誰だってしたくないものです。

心地よさのポイント

戸建ての家は寒い。とくに廊下。だから、別の部屋に移動するのがおっくう。そんな経験ありませんか?

カネカのお家は、家全体が断熱材で包み込まれています。リビングはもちろん、寝室やキッチン、さらには暖房機能がない浴室、廊下まで、家中どこを移動しても極端な温度差が生じにくくなります。これが住みごこちの良さを謳う、理由のひとつです。

POINT
屋根から基礎まで家全体を断熱材ですっぽり包むから、家中あたためられる。

家全体を断熱材で包む外断熱工法、しかも断熱材の継ぎ目は入念にテープで塞ぐ。だから、気密性が高くあたたかい空気を逃しません。

カネカのお家の技術

外断熱

ソーラーサーキットの「外断熱」は、基礎、壁、屋根の上まで、ボード状断熱材ですっぽり覆うことで、家全体を断熱します。断熱材のキレ目がなく、気密性も高いからあたたかさを保ちやすい。屋根裏や床下まで室内空間と同様の熱環境にできるので、ロフト、収納など、家の隅々まで有効に使うことが可能です。

SCフォームSL(1層張り用断熱材)

SCフォームSLは、製造工程でフロンを使わずリサイクルも可能なので、環境にも優しい商品です。高い断熱性能はもちろん、板状なので長期に形状を維持しやすい素材です。さらにこの断熱材に相欠き構造を採用し、継ぎ目部分の気密性を長期にわたって保つ工夫もしています。

高い気密性を実現する丁寧な施工

ソーラーサーキットの性能がきちんと発揮されるのは、高い気密性があってこそ。カネカのお家は、相欠き構造のSCフォームSLを柱の外に組み合わせ、気密テープで丁寧に隙間を塞ぎ、気密測定で気密性を確認することまで義務付けています。気密性能を表すC値(家の隙間の総面積を述べ床面積で割って算出した値)を1.0㎠/㎡以下を目安としているので、約40坪の家であれば、隙間面積の合計はおよそハガキ一枚分相当。高い気密性は、契約工務店の丁寧な施工の証とも言えるのです。

03

家そのものがまるで空気清浄機みたい・・・
そんな、新発想の住まいです。

詳しく見る