暑がりの夫と息子に、寒がりの私。ワガママ家族のモデルハウス宿泊体験レポート

工務店奮闘記

2018.07.09

暑がりの夫と息子に、寒がりの私。
ワガママ家族のモデルハウス宿泊体験レポート

花冷えの時期は過ぎたとはいえ、一日の気温差が大きい4月の半ば。
東京都小金井市にある「カネカのお家」のモデルハウスに、家族で宿泊体験をしてきました。家を購入する前に、体験宿泊ができるなんて知らなかった!今回ご案内していただいたのは、小嶋工務店の浅野さんです。

TOKYO WOOD×カネカのお家
小金井宿泊体感モデルハウス(小嶋工務店)

地元東京の桧の香り

「おじゃまします」

ワクワクしながら玄関に入ると、出迎えてくれたのはサラリとした空気と桧の香り。
小嶋工務店は、「TOKYO WOOD」というブランドネームで、地元東京の木材にこだわった家造りをしているのだそうです。
まずはダイニングキッチンを抜けて、リビングへ。床を中心に、無垢の桧に囲まれた空間は、木造ならではのナチュラル感!広さは9.7畳ほどとのことですが、吹き抜けの天井だと広く感じますね。

四季のある日本ならでは
家が衣替えするという発想

でも、「ソーラーサーキットって??」

「冬暖かな家をつくるのに断熱が大事なのは、もうみなさん良くご存知ですよね。でも、ソーラーサーキットは、夏のことも考えた工法なのですよ。」とにっこり笑う浅野さん。

ソーラーサーキットとは、「外断熱」に「二重通気」を組み合わせた独自の工法なのだそう。寒い冬は、気密を上げて魔法瓶のようにお家を保温し、暑い夏は、壁の中を通気することで、お家を冷ましてくれる。
住宅展示場で、「冬はあたたかい」という高断熱の家は見たことがありましたが、ソーラーサーキット工法のお家は、冬だけでなく夏の住みごこちも考えて、お家がまるで「衣替え」するように切り替るというコンセプトの家なのですね。
暑い夏も「通気」という仕組みでエアコンに頼りきりにならずに心地よく暮らせることを追求するお家。暑がりと寒がりが同居するわが家。寒がりでエアコンの冷気がちょっと苦手な私にとっては、心強いお家と言えそうです。

壁に付いた見慣れないパネルに息子も興味津々。「それはね、「SCナビゲーター(オプション)」といって、季節とお外の温度にあわせて自動的にお家を衣替えさせる機能なんだよ。」と浅野さん。これは楽チン!

真っ白な樹脂サッシの窓を開けてみてびっくり!「外はこんなに車の音がしていたんだ!」大きなトラックを含め、車通りの多い東八道路沿いに建っていることをすっかり忘れていました。これは、高断熱・高気密をきちんと実現する丁寧な施工の証なのだそうです。

全窓に網戸がついていないのは、「窓を開けて換気をするという発想を転換したからなんですよ」と浅野さん。

網戸がいらない理由は、屋根裏の機械室にあった!

2階のさらに上には、屋根裏がありました。ここは、天井ではなく屋根に断熱材を設置する屋根断熱の設計を活かしたスペースなのだそう。隠れ家のような雰囲気に、うちの息子も大はしゃぎ!

屋根裏の向かいにある機械室には、高性能除じんフィルター(オプション)を付けた24時間換気システム「SC-SVシステム」(オプション)が設置されていました。3人揃って花粉症の私たちは、「フィルターが、大気中のホコリや花粉などを97%除去してくれる※」と聞いて大喜び。お家の中がいつもフレッシュな空気で満たされているのであれば、窓を開け放して換気する必要もない。だから網戸も必要ないというわけですね。その考え方に納得です。

※JISで定められた評価方法(JIS B9908) による

お風呂上りから翌朝まで、ずっと快適な居心地

浅野さんがモデルハウスを後にされてから、私たちは順番にお風呂に入って、就寝。バスルームと脱衣所、リビングなどの温度差が少ないのはとても快適で、服を脱ぐのも億劫にならず、お風呂あがりにも「体を拭いて!パジャマを着て!」と息子をせかすこともありませんでした。真冬だともっと実感できるかな。

とはいえ、まだまだ夜は冷え込むこの時期。寝るときはいつも、寝相の悪い息子が布団からはみ出して風邪をひかないかとヒヤヒヤ……。でもこの日は、お家が魔法瓶のように保温してくれるという話を聞いたので、「まあいいか」とおおらかな気持ちに。家族みんな、朝までぐっすり眠ることができました。

さて、翌朝。朝7時の室温は、半袖でも平気な17度でした。「寒い、まだ布団にいたい……」と二度寝することなく、みんなで元気にリビングへ。毎朝こんなにスムーズに起きられたら、バタバタすることもないだろうなあ。

暑がりで、寒がりで、花粉症の私たちが気持ちよく一日を過ごせた「カネカのお家」。専門的な用語で説明されても理解できなかったことが、一晩泊まることで機能の便利さを味わうことができました。「真夏や真冬にお越しいただくと、より空気の爽やかさ温かさを実感できると思いますよ」と浅野さん。次回は子どもが夏休みのときに、もう一度来てみようかな!

家を建てる前にぜひ体感してほしい!体感モデルハウス、全国で見学受け付け中

夏さわやかで、冬あたたかい――。カタログや記事では本当の住みごこちを伝えることはできません。
家の性能は、実際に過ごしてはじめてわかるものであると思います。

カネカのお家 の契約工務店では、見学はもちろん、宿泊可能なモデルハウスも年間を通して随時受け付け中です。
ぜひこの夏は、お近くのモデルハウスで、私たちが追求する爽やかな住みごこちの良さをお試しください。

モデルハウス検索お近くのモデルハウス検索はこちらをクリック

この記事をシェアする

同じカテゴリの記事を読む